• 月曜日, 2020年10月26日

高い走行性能を誇るオフロード車で有名なフルタイム4WDのブランド

Byadmin

2020年8月30日

フルタイム4WDの新ブランドとして誕生

1948年、戦場によって荒れ果てた大地でも快適に走行できる新しい自動車として、ローバー社からランドローパーというブランドのオフロード車が誕生しました。その後、イギリス軍に採用されるといった実績をもとに、新しいラインナップも開発されました。そうした中、1970年に、ランドローバーが持つオフロード性能を上回り、なおかつ高級車に匹敵するような快適性を持つフルタイム4WDとして、レンジローバーが誕生しました。イヴォークやスポーツなどの名称があり、現在では、2013年に開発された4代目が発売されています。

一時期は、ランドローバーに代わるトップブランドとしてローバー社の主力となっていましたが、1997年以降、ランドローバーとの2ブランド体制へと移行しました。その後は、ランドローバーと技術を共有しながら、フルタイム4WDのパイオニアとして、世界中の人々に親しまれるブランドへと遂げています。

中古でも比較的高額なモデルが多数存在する

レンジローバーの場合、1970年代に誕生したブランドという事情もあり、発売時期に関係なくほとんどのモデルでは、中古であっても数百万円から1千万円台に達するなど、かなり高額な金額になっています。ただし、過去に販売された一部のラインナップの場合、100万円台といった低価格で手に入る可能性があります。具体的には、ボディやエンジンサイズが大型化されたフルタイム4WDとして、2002年から2013年まで販売された、3代目のヴォーグやHSE等が該当します。

レンジローバーを取り扱っている中古車販売会社は、ランドローバーと一緒に取り扱っているケースが多く、容易に入手しやすいラインナップと言えます。

レンジローバーの中古車には、メーカー認定中古車があり、新車と遜色ない高品質な車両を販売しています。メーカー基準の整備を終えた車両は、数年の保証期間が付帯されて販売されます。